保証人とは

なぜお金を借りたり、部屋を借りたりするときに保証人が必要なのか

消費者金融などの貸金業者を利用する場合に、保証人が必要なケースがあります。 他にもアパートやマンションなどの賃貸契約を結ぶ際に、家族や友達など誰か保証してくれる人を立てなければ契約ができないこともあるでしょう。 なぜ必要なのか、その理由は債務者が支払いが出来ない場合に、債務者の代わりに債務責任を果たしてもらうためだからです。 たとえば、お金を融資する側や、部屋を貸す側にとっては、自分の財産を相手に引き渡すわけですから、ちゃんと返済してくれなかったら、大損をする結果を招いてしまいます。 その危険性を回避するためにも、本人以外にも別に保証をしてくれる人を立ててもらう必要が出てきます。 万が一お金を返してくれなかったり、賃料を支払ってくれなかった場合などに代わりに責任を果たしてくれる人を予め準備しておきたいからなのです。 お金が期日までに返済されなかったり、期日までに家賃代が振り込まれなかった場合には、まず最初に本人に請求がいくことになります。 これを法律用語では「催告の抗弁権」といいます。 本人に請求をしても、債務責任を果たしてくれなかった場合においては、債権者は保証人に債務責任を果たすように請求してきます。 保証人はこの場合、本人に返済するお金があれば、返済できることを自分で証明することができれば、債権者に対して強制執行をするように言うことができます。 これを法律用語では、「検索の抗弁権」と言います。 このように、意味をしっかりと理解した上で利用することが大切だといえます。

関連ページ

信用金庫とは
3万円借りる際にも役立つ情報をピックアップ!「信用金庫とは」
自己破産について
自己破産についての情報を知ってスムーズに利用してみましょう!
クレジットカードの国際ブランドとは
3万円借りる際にも役立つ情報をピックアップ!「クレジットカードの国際ブランドとは」