自己破産について

自己破産のメリットとデメリットを知ろう

自己破産は、借金を背負い返済すべき義務のある方が、収入の減少や喪失、急な支出の増加等の事情で、継続的な返済が困難となり支払い不能の状態に陥った場合に、裁判所での手続きを経ることで全ての債権者に対する債務の支払義務を免れることをいいます。
メリットとしては借金がゼロになり、返済義務がなくなりますから、生活の立て直しが可能となることが挙げられるでしょう。
また、債権者からの取り立てがなくなり、精神的な負担から解放されるかもしれません。
一方、本来返すべき債務を払わなくてよくなるわけですから、代償も支払わねばなりません。
冷蔵庫や洗濯機、家具など一定の生活動産をのぞき、20万円を超える動産や不動産、99万円を超える現金は全て裁判所の手続きによって差し押さえられ、動産や不動産は競売されて現金化され、債権者に分配されます。
競売にかけられるものには、骨董品やブランド品といった高価品だけでなく、生活に使うマイホームやマイカーも含まれます。
こうした重要な財産を引き換えに、債務の免除を受けることになるのです。
また、自己破産の事実は信用情報機関に登録され、5年から7年の期間は抹消されません。
そのため、この間は新たな借り入れやクレジットカードの作成などが制限されることになるでしょう。
なお、自己破産の手続きの期間中は、弁護士や税理士、保険募集人などの特定の資格について業務を行うことが制限されます。
手続き期間はおよそ3ヵ月から半年が目安となります。

関連ページ

保証人とは
3万円借りる際にも役立つ情報をピックアップ!「保証人とは」
信用金庫とは
3万円借りる際にも役立つ情報をピックアップ!「信用金庫とは」
クレジットカードの国際ブランドとは
3万円借りる際にも役立つ情報をピックアップ!「クレジットカードの国際ブランドとは」