銀行から3万円借りる方法とは

銀行から3万円だけお金を借りる方法はあるのか?

銀行というのは住宅ローンや法人への融資など、何千万円や何億円といった大口の融資を手掛ける金融機関です。 信用力と安心感があるのが魅力ですが、この銀行から3万円だけ借りる方法はあるかといえば、逆に少額すぎて不安になるかもしれません。 ですが、カードローンを申し込めば可能です。 カードローンというのは、審査によって定められた利用可能額の範囲内で、繰り返し借りたり返済したりができるタイプのローンです。 銀行によっては、利用可能額として1万円以上1万円単位での設定ができるところもあります。 一方、多くのケースでは10万円以上10万円単位で、100万以上なら50万円または100万円単位となっており、きっかり3万円という設定はあまりありません。 もっとも、利用可能額が3万円以上で設定できれば、その範囲で必要な金額だけ借りて、借りた額にだけ利息が付くので、無駄なコストを払うことはありません。 たとえば、10万円コースを希望して審査が通れば、その希望が通ります。 審査では返済能力の有無が判断されます。 その判断材料となるのは、ご自身が申込時に申告する年収や勤務先、勤続年数、雇用形態、持ち家や住宅ローンの有無、扶養家族の有無や人数、他のローンの有無や件数、金額などです。 こうした信用情報を総合的に判断して、返済能力の有無といくら借りられるかが決せられます。 一般的な目安としては、10万円を借りるには、少なくとも年収50万円はあるのが望ましいとされています。