キャッシング審査基準について

審査が気になるキャッシングの審査基準とは

キャッシングの審査基準は各社で異なるため、一概に何を満たしていれば審査に通過できるとは言えません。
ただ、共通する審査基準はあります。
それは、「個人情報」と「信用情報」です。
個人情報とは年齢、収入、職業など個人の情報です。
申し込みの際にこれらの情報を記入しますが、これを元に審査されます。
基準は一様ではないですが、もちろん高収入で安定した職業、尚且つ勤務年数が長い方が審査に有利になります。
また、賃貸よりは持ち家、既婚者よりは独身者、携帯電話のみよりは家電があるほうがいいなどの基準があります。
そして信用情報は、現在の借り入れ状況です。
他社への申し込み履歴、審査結果、借入件数、借入状況・返済状況などです。
他社からも借り入れがある人、借入額が多い人、返済に延滞や滞納がある人は審査に通過しにくくなっています。
この情報がクリーンな人ならば問題はありませんが、個人情報よりも審査に大きく影響してきてしまうので初めから無理ない借り入れをしていくことが大切です。
ちなみに、これらの情報も申し込みの際に申請しますが、全て信用情報機関に登録されている内容なので調べれば分かってしまいます。
そのため虚偽の申請は通らないでしょう。
むしろ、嘘が発覚すると融資は絶対に不可能です。
そして、金利が低いほど審査が厳しく、金利が高いほど審査が甘いとされているので、それを基準に自分の条件に適したキャッシング会社に申し込みをするようにしてみてください。